« 激震が走ったあと、思ったこと | トップページ | 店長交代 »

2007年9月13日 (木)

元会社の仲間来訪

元会社の仲間から、『相談したいことがあるので会いたい』とのメールが届き、

昨日午後、横須賀まで訪ねてきてくれた。

ニフティのサービスビジネス事業本部のO君と同じ部署の同僚のふたり。

訪問の趣旨は、ニフティがはじめた”語ろ具”と呼ばれるコミュニケーションサイトを

広めていく上でアドバイスと支援をして欲しいということだった。

語ろ具(ゴログ)は、大人の知的好奇心を刺激するコミュニケーションサイトで、

趣味や生活をエンジョイすることを目指してつくられたサイト。

カテゴリごとに様々な話題を提供する『具』が詰め込まれている。

この『具』は、読者と同じ視点でライターが自らの体験や取材をもとに執筆したもの。

もちろん、コメントやトラックバックもできる。

ライターを増やし、ページビュー(アクセス件数)を上げ、語ろ具コミュニティをつくって

いくことが目標とのこと。

そのためライターを紹介して欲しい、特にボクがかかわっているシニアITアドバイザ

(SITA:サイタ)の個人やグループに語ろ具を広めて欲しい、ということが趣旨だった。

ライターになっていただく方には、月1回程度、写真などの画像含め1000文字

程度の記事を書いてもらう。報酬は1記事5千円。

ライター募集要領はこちら興味のある方はぜひ応募してください。

告知をはじめたばかりのため、ライターはまだ数10名程度だが、当面の目標は

100名。

あわせて、月間ページビューも数倍以上にすることを目標に、語ろ具コミュニティを

早いタイミングで立ち上げたいとのこと。

SITAのメンバー、個人的知り合い、関係しているNPO団体、参加しているメ-リング

リストのメンバーに告知することを約束した。

語ろ具以外にいろんな話をした。むしろこちらの方が長い時間話した。

最近のニフティの状況、プロバイダーの今後のあり方、人が魅力を感じるコンテンツ、

SNS対抗・・・

かつてはプロバイダーは会員数をいかに増やしていくかがビジネスの成否を決める

鍵であった。

最近はどのプロバイダーも目指すところは、いかにページビューを上げていくかで

あると聞く。

ページビューが上がれば、広告やアフリエイト収入の増につながる。

同時に、コンテンツごとに集まる人たちのコミュニィをつくっていけば、こちらも当然

ページビューの増加につながる。

4時から2時間、3人で熱っぽく議論した。

久しぶりに現場の空気に触れたようで心地よかった。

別れ際、『語ろ具のライターになってくださいね』と念を押された。

« 激震が走ったあと、思ったこと | トップページ | 店長交代 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元会社の仲間来訪:

« 激震が走ったあと、思ったこと | トップページ | 店長交代 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト