« 2年前の今日は | トップページ | 料理考 »

2007年9月10日 (月)

熱海湾ファンタスティッククルーズ

7日から10月21日の間、金・土・日曜日のみ、熱海市と富士急が

熱海湾ファンタスティック クルーズをはじめた。

夏休みを当て込んだ催し・イベントのあと客足が遠のく秋、『秋の熱海も見逃せない』

キャッチフレーズで熱海市観光協会が仕立てた3本立ての催しのひとつである。

夕方5時に熱海港を出港し、Crusing_001

40分のクルージング。                

800人乗れる大きな客船。

もちろん宿泊観光客がお目当てで、

一般客・住民はおまけ。

宿泊客はホテル・宿で証明をもらって

いれば、熱海地ビール1本がもらえ、

優先乗船できる。

ただ、料金は一律500円で、これはうれしい。

先ず宿泊客が乗船し、我々一般客は待たされた。

おそらく全体は200人くらい、8~9割が宿泊客だった感じ。

このクルージングが熱海宿泊客獲得の一助になっているのは間違いない。

海から見る熱海の街はなかなかのもの。

好天気の夕方、心地よい潮風を受けながら40分のクルージングを楽しんだ。

Crusing_005 Crusing_007

熱海の沖に高速船で25分で行けるCrusing_012

初島というリゾートホテルのある島が

ある。  

縁あってこのホテルに2度泊まった

ことがある。

全部屋、ラウンジが海に面していて、

180度のパノラマビューはすばらしかった。

下船後、カミサンが前から一度行こうと言っていた熱海駅前のアカオという

串焼き・釜飯屋で食事をした。なかなか感じのよい店だった。

熱海では、シニアだけでなく若い人たちをいかに街に呼び込んでくるかで

腐心している。

今回のクルージングに乗船した宿泊客は圧倒的に若い層が多かった。

しかも中心は女性で、職場の仲間、カップル、それに若い家族。

客層を見ていて、まだまだ熱海はいける、若い人たち向けに魅力ある企画を

組めば、人は呼び込めるとの印象を持った。

キィワードは女性、カップル。

1泊ツアーで、もう少々小さな客船でクルージングとビュースポット巡り

(伊豆スカイラインの熱海峠近くの絶景ポイントを推奨)、それに翌日は

カルチャー色を盛り込んで、MOA美術館と起雲閣。

女性グループ、若いカップル、若い家族には魅力あるパッケージだと思う。

一度、熱海市役所の観光戦略室に提案してみよう。

« 2年前の今日は | トップページ | 料理考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海湾ファンタスティッククルーズ:

« 2年前の今日は | トップページ | 料理考 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト