« 週が明けて | トップページ | NPO月例会(2) »

2007年8月21日 (火)

隣のケリーからHelp!の電話

4月14日のブログ、『新しい隣の住人』で隣に新しく横須賀基地に勤めるアメリカ人の

若い女性のケリーと赤ちゃんのグレイシーが住むことになったことを書いた。

一昨日の夕方ケリーから我が家に、『すぐ来てー!』と電話がかかってきた。

ひとり住まいの女性なのでカミサンと一緒に隣に行ったら、玄関のところにいたケリーが

『2階に上がって!』

2階に上がるとグレイシーの寝ている部屋を指差して、ハエたたきを渡し『カベを見て!』

見るとゴキブリが1匹。カミサンが叩き落す。

落ちたゴキブリを見て、ケリーは『キャアー』と言って逃げ出した。

『ティシューペーパーはない?』と聞き、渡してくれたティシュペーパーにゴキブリを

包むとやっとケリーは落ち着き、すぐグレイシーを抱き上げた。

実はしばらく前にゴキブリではなくクモ騒動があった。

このときは、我が家でなく反対隣のSさんに助けを求め、退治してもらった。

Sさんから、『ケリーに、日本にはこんな大きさじゃなく50センチ以上のクモがいるから

気をつけた方がいいよと、冗談を言ったらケリーはビックリしていた』と聞いていた。

ケリーはクモに続きゴキブリでもさんざんな目に遭ったことになる。

昨日昼、庭にケリーがいるので、『今日は仕事休みなの?』と聞いたら、『そう今日は

私の誕生日だから休んだの』

『もうゴキブリは出てこない?』と聞いたら、『大丈夫』

帰ってカミサンに『今日はケリーの誕生日らしい』と話したら、『何か誕生日祝いして

あげよう。ジョーがいないのだから』

ダンナのジョーは2ヶ月くらい前から米軍の艦船に乗り演習に出ている。

9月には帰ってくるとのこと。

ジョーがいない中でのクモとゴキブリ騒動だったので、ケリーにはかわいそうだった。

『誕生日祝いは何かちょっとしたものでいい』ということで、10ヶ月になったグレイシーも

飲めるアップルジュースと桃にハッピーバースデイカードをつけて、カミサンが持って

行った。カミサンはネットで探しプリントしたクモの写真と説明文を、『基地にいる日本人

訳してもらって』と言って渡してきた。

ケリーは25歳になったそうである。

子育てしながら日本に住み、米軍施設とは言え日本で働き、若いケリーは間違いなく

いい経験をしている。

ハッピーバースデイカードには、『またゴキブリや巨大クモが出るかもしれないので

困ったときはいつでも連絡して!』と書いておいた。

« 週が明けて | トップページ | NPO月例会(2) »

コメント

ケリーさんも頼りになる隣人がいてよかったですね。
うちも若い衆たちがご近所にいますが、ゴミステーションの当番は私が仕切る格好になっているくらいで、共稼ぎのためほとんど没交渉なので少々うらやましくもあります。

頼りになる隣人というかヒマな隣人です。
ケリーはここに来て8ヶ月。
最近やっと「ハーイ」って感じで声をかけてくるようになりました。
若い子だから日本人の扱いなんてよくわからないし、面倒くさいと
思ってたのでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣のケリーからHelp!の電話:

« 週が明けて | トップページ | NPO月例会(2) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト