« 毎年この時期恒例 | トップページ | 我が家の近所で傷害事件 »

2007年7月 3日 (火)

小林ファミリー来訪

昨日午後2ヶ月半ぶりに熱海に来た。

部屋にはまだ4月のカレンダーがかかっていた。

久しぶりに来たのは、アメリカから日本に来ている小林ファミリーを迎えるため。

小林くんはボクよりちょうど10歳若く、昔会社でボクの下にいた。

小林くんは会社を休職し、ミシガン大学にMBA留学した。卒業したあとアメリカの

現地法人に出向。その後会社を辞め、現在は日米の企業間の技術連携に関連した

コンサルタントをやっている。Kobayashi_011

アメリカ人の奥さんキャサリンと結婚し、  

サンディエゴに居をかまえ、3人の女の子の

良き父親として、公私とも充実した生活を

送っている。これまでの米国での活動実績が

認められ2年前にアメリカの市民権を取った。

長女のネオミは高校2年生、次女のマリコはKobayashi_003

中学2年生、3女のハナは小学校5年生。            

今回初めて可愛い3人娘に会った。

3人とも日本語はできない。

彼らは我が家に来てすぐプレイステーションを

見つけファイナルファンタジーにはまっていた。

徐々にみんなリラックスしワイワイ、ゴロゴロ。

昨夜はベランダでバーベキュー。育ち盛りの3人の食欲はすごい。

みんなで一緒に買いに行った食材はきれいに片付いた。

今朝はキャサリンと子供たちが朝食を用意してくれた。

朝食後、1階にあるフィットネスルームでみんなで2時間以上卓球やルームランナーで

遊んだ。

Kobayashi_009 Kobayashi_005  

終わったあと部屋でまたワイワイ。

彼らは大津に4泊し、京都、比叡山を回ったあと熱海に来た。

アメリカでひとり230ドルで1週間新幹線を含め全JR列車に乗れるチケットを買って

きていた。

旅の話がいろいろ出た。

秋に行こうと思っていたニュージランドは小林くんたちがハネームーンで行ったとの

ことで、推奨コースを詳細にアドバイスしてもらった。

あわせて、小林夫婦からサンディエゴへ招待を受けた。

さまざまな花が一斉に咲く3月末~4月初めがベストシーズンとのこと。

今度はぜひ我々が彼らを訪ねたい。

今夜は小林くんのお母さんの住む川崎に泊まるということで、新幹線に乗るため

熱海駅まで送った。

別れ際、3女のハナが、『タック(ボクの名前)がサンディエゴに来るまで、どれくらい

待てばいいの?』と大変うれしい質問をしてくれ、駅の構内で見えなくなるまで手を

振って別れを惜しんでくれた。

小林一家も我々夫婦もすばらしい思い出ができた2日間だった。

« 毎年この時期恒例 | トップページ | 我が家の近所で傷害事件 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小林ファミリー来訪:

« 毎年この時期恒例 | トップページ | 我が家の近所で傷害事件 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト