« 大満足! | トップページ | お悔やみ »

2007年7月19日 (木)

大学の仲間の飲み会

一昨日、今年3回目の大学の寮の仲間の会合”惜春会”があった。

今回は6月2日に食道ガンで亡くなったM君の思い出をみんなで話そうということで、

大変うれしいことにシカゴからT君もかけつけてくれた。今回の参加者は13名。

全員集まったところで亡くなったM君、それに既に鬼籍に入ったT君とO君の3人に

黙祷を捧げた。

しばしみんなでM君の思い出話をした。

そのあと、メーリングリストで体験談を話すと書いたふたりが、数ヶ月前にやった

手術の話をしてくれた。

ひとりは前立腺ガンで手術、もうひとりは脳の血液の流れが問題で放置していたら

大事になる可能性があるということで開頭手術。今はふたりともすこぶる元気。

ふたりとも自覚症状はなく、たまたま受けた検査で発見されたとのこと。

もうひとり、7年前に大腸ガンの手術をした先輩も今では完全に復調し毎回参加。

病気の話題にからんでシカゴから来たT君がアメリカの医療の話をしてくれた。

彼が数年前に尿管結石で病院に運ばれた折、免責条件があるとは言え健康保険に

入っていたにもかかわらず払った金が3500ドル。40万円近くである。

医者が診てくれた時間はたった5分間、病院にいた時間は2時間とのことを聞き、

全員ビックリ!

8時間かかったO君がやった開頭手術をアメリカでしたとしたら数千万円かかるのでは

とのこと。

『日本の医療保険の仕組みはいいなぁ。アメリカは”自己責任、At your own risk”の

国だからなぁ』ということで、日米の比較話でしばし盛り上がる。

健康・病気以外でもいろいろな話題が飛び交った。

毎回会合をやる場所は有楽町の帝劇の下の大学のクラブ。

ボクは参加したことがないが、このクラブで毎週火曜日に”火曜会”という会合が

催されている。参加者は毎回5~8人くらいでほとんどが我々より上の人たち。

最近は惜春会のメンバーもふたりが参加している。

毎回1時間、経済・世相・文化などが話題に取り上げられるそうである。

この会がなんと3950回続いているとのこと。単純に計算して70年間以上である。

大先輩からずっと脈々と続けられている大変な会合であることをあらためて知った。

最後は6月に退任・退職した3人が話し、お開きとなった。

6時から9時半まで時間の経つのをまったく感じさせない今回も楽しい会合であった。

     

« 大満足! | トップページ | お悔やみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学の仲間の飲み会:

« 大満足! | トップページ | お悔やみ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト