« NPO年次総会 | トップページ | 予想を上回る増収増益 »

2007年6月16日 (土)

やっぱり、熱海は。。。

今朝の朝日新聞の1面トップに、『100超す市町村”連結赤字”』との記事が出ている。

05年分を朝日新聞が独自試算した数字。

一般会計と特別会計をあわせた連結決算で、全国で100を超える市町村が赤字だった

ことが判明。

全国の1821市町村の中、熱海市はワースト9位。連結実質赤字比率は36.6%。

連結実質赤字比率は、普通会計と公益事業会計を合わせた赤字の総額が財政規模

全体に占める割合を言う。

これまで一体的な把握が難しかった公益事業会計や第3セクターなどの決算数値を

『財政状況等一覧表』として今春から総務省が公表をはじめた。(財政データの閲覧

方法は文末に記載)

熱海市は普通会計だけの赤字割合を示す実質赤字比率は4.2%で黒字。ただ行政の

財政状況を見ていくためには、連結実質赤字比率をチェックすべき。

夕張市の連結実質赤字比率は362.2%、実質赤字比率は37.8%。

実質赤字比率が20%を超えた自治体(現在夕張市だけ)は地方債が発行できず、

国に申請して企業の倒産にあたる財政再建団体に指定される。

昨年9月に新しく誕生した熱海市の齊藤市長が就任3ヵ月後に出した『財政危機宣言』

に対し地元の観光業者中心に猛反発したが、全国ワースト9位を考えれば齊藤市長の

下した判断は至極当然であった。

昨日の参議院本会議で自治体の財政破綻を早い段階で食い止める地方自治体財政

健全化法が可決、成立した。

健全化法の成立に伴い、赤字を抱える自治体中心に、来年早々には編成される

08年度予算から収支改善に向けた対応を迫られ、待ったなしの状況になってくる。

熱海市でも齊藤市長のリーダシップのもと、①行政の事業領域見直し ②歳出全般の

見直し ③経費削減 ④歳入確保 ⑤補助金の廃止・縮減 ⑥職員数の適正化

⑦資産の処分等が厳しく行われることになるであろう。

  【あなたの街の財政情報の入手の仕方】

     総務省のホームページhttp://www.soumu.go.jp)の左上部にある「政策・政策

     評価」をクリック。その中の「地方行財政」の項目にある「地方財政分析」に

           進み、さらに「普通会計決算・財政分析」をクリックすると、「財政状況等

     一覧表」や「決算カード」などの項目が並ぶページにたどりつく。

     ここから各種類別に、全自治体の財政データを閲覧することができる。

※ ブログに黒ネコ時計と右の欄のうしろの方にプロ野球速報をつけました。

« NPO年次総会 | トップページ | 予想を上回る増収増益 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、熱海は。。。:

« NPO年次総会 | トップページ | 予想を上回る増収増益 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト