« ハワイの旅 3(ツアー参加 1) | トップページ | ハワイの旅 5(ツアー参加 3) »

2007年5月20日 (日)

ハワイの旅 4(ツアー参加 2)

四駆の車で道幅の狭い悪路を走りながら、標高4200メートルのマウナケア山頂に

たどり着いた。

ガイドさんの話では3月に登った日本の大学生の車が下り道でブレーキが磨耗して

運転を誤り転落し数人が亡くなったとのこと。

体はだんだん高度に慣れてきて、ほとんど違和感は感じなくなった。

天体を観測するには世界でも有数の条件の良い場所とは言え、よくぞまあこのような

ところに各国が天体望遠鏡を13基も設置したものだと思った。

左の写真は日本の国立天文台のスバル、右の3基は一番右がNASA、中の2基は

KECK財団のもの。莫大な資金を持つ石油会社のKECKが寄贈した天文台。

Hawaii_tour_043 Hawaii_tour_058

スバルは89年に設置されたと聞いた。500億円をかけ、毎日の運営にも1千万円

かかっているそうだ。研究者にはとっては最高にロマンがある仕事であろう。

目の下に広がる雲海がすばらしかった。

Hawaii_tour_051 Hawaii_tour_050

KECK天文台は中の見学ができた。

Hawaii_tour_063 Hawaii_tour_065

感激したマウナケアの頂上を後にして、一路東海岸の町Hiloへ。

山頂から降りていく途中左下の写真のような噴火の溶岩がつくった盛山をたくさん

見た。右の写真は前日撮ったマウナケアの裾野。

とてもボクのカメラでは表現できない、見たこともない広大なすばらしい景色で、この

景色にも大変感激した。頂上の天文台が遠望できた。

Hawaii_tour_072 Hawaii_019

Hiloの町に着いたのは3時半ころ。

Hiloは人口6万人でハワイ島では一番人口の多い町。

四国の半分の大きさのハワイ島全体の人口が約13万人。

前日車で行った最北端のHawiという町は道の両端300メートルくらいに店がちょっと

あるだけの最高にのんびりした癒しを感じる町だった。遅昼を食べたコーヒショップの

雰囲気がとても良かった。住んでいる人はせいぜい千人くらいなんだろうか。

Hiloの町の中心にはカメハメア大王の像が立っていた。

Hawaii_tour_074 Hawaii_tour_080 

いかにも南国の花という感じの花が咲いていた。

左はゴールデンフラワー、右はその名も可愛いエンジェルイアリング(撮影別の場所)

   Hawaii_tour_081   Hawaii_tour_088

Hiloで他のグループと合流し大きな車に乗り換えた。

このあとは世界遺産のキラウエアというところに活火山から流れ落ちる溶岩流を見に

行った。

« ハワイの旅 3(ツアー参加 1) | トップページ | ハワイの旅 5(ツアー参加 3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハワイの旅 4(ツアー参加 2):

« ハワイの旅 3(ツアー参加 1) | トップページ | ハワイの旅 5(ツアー参加 3) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト