« 身延下部温泉 | トップページ | いよいよ臨戦態勢 »

2007年4月 7日 (土)

桜(その3)

熱海の伊豆山神社に桜を見に行った。

伊豆山神社は大好きな神社で、伊豆山の桜は熱海で最も好きな桜。

伊豆山神社は源頼朝、徳川家にゆかりのある大変由緒ある神社。

Izusanjinjya_006 Izusanjinjya_002

Izusanjinjya_005 Izusanjinjya_001

境内の桜だけでなく、神社の下に続く坂道のIzusanjinjya_008

参道の桜がすばらしい。                     

天気の巡り合わせのいい日は、桜の先に

見える海と桜とのコントラストが絶妙である。

ただ、ちょっと時期が遅かったようで

残念であった。

午後、カミサンと一緒に珍しい方にお会いした。

アニメ脚本家・推理冒険作家・マンガ原作者・旅行評論家・エッセイストの辻 真先さん。

辻さんの名刺には、『日本推理作家協会』、『日本脚本家連盟』と書かれていた。

辻さんをご紹介していただいたのは、ブログで何度か紹介した超有名なロングセラー

ゲームソフト『桃太郎電鉄』の作者のさくまあきらさん。

辻さんは70歳過ぎとはとてもお見受けできない。                  Tsujisan_002_1

もちろん今も現役でご活躍中である。              

辻さんが脚本を書かれたアニメ作品を見た

ことのない日本人はまずいないだろう。

『鉄腕アトム』、『宇宙戦艦ヤマト』、

『ジャングル大帝』、『リボンの騎士』・・・

昭和29年にNHKに入社され手掛けられた

テレビ番組は『バス通り裏』、『お笑い三人組』・・・

小説では最近復刻した『どろろ』の原作者、『日本海・豪雪列車殺人号』ほか

推理小説・・・

それに旅行評論家、エッセイストとして大変幅広い分野でご活躍されている

ホームページはご自分で維持管理されている。

30数年前に購入された我が家の近くの熱海のマンションを仕事場として使われて

いて、東京から時々来られている。お忙しい中マンション居住者の委員長をされて

いるとのこと。先日、居住者皆さんを引率してバス旅行をされたそうで、行き先は

このあいだ日帰り旅行で行った身延。当然、この話でも盛り上がった。

著作を2冊いただいた。カミサンが                             Tsujisan_002_2

『スミマセン、サインしていただけますか』

辻さんは快くサラサラっとサインして

くださった。

大変広いジャンルのとても面白いお話を

ふたりで楽しんだ。

気がついたら2時間。

カミサンが、『また機会があったら、ぜひお話をお聞かせください』。

『お忙しい先生に長時間お付き合いいただきまして、ありがとうございました』と、お礼を

言いお別れした。

« 身延下部温泉 | トップページ | いよいよ臨戦態勢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜(その3):

« 身延下部温泉 | トップページ | いよいよ臨戦態勢 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト