« 桜(その2) | トップページ | 桜(その3) »

2007年4月 5日 (木)

身延下部温泉

月曜日の夜、カミサンと1ヶ月ぶりに熱海に来た。

火曜日は友だちのNさんが東京から訪ねてきた。青春18切符は彼女から教わった。

JR10周年記念で発行された青春18切符は5枚綴り(8千円)で普通電車1日乗り

放題。4月10日が使用期限で、最後の切符を使って身延線の下部温泉に日帰りの

旅をしようとNさんに誘われ、昨日行ってきた。Shimobe_012_3

最寄りの来宮駅を10時前に乗り、熱海で        

東海道線に乗換え、富士まで行き、富士で

身延線に乗換え、2時間半かけて下部温泉へ。

時間を気にしなくていい定年退職者には青春

18切符は格好。(地図をクリックすると拡大)

途中、車中から沿線に咲くたくさんの桜を見た。

下部温泉駅に着いたら12時過ぎ。

Shimobe_024_2 Shimobe_025_2

先ずは腹ごしらえ。Nさんのお勧めの駅前の鉄板レストラン”藤川”でステーキランチ。

そのあとはNさんのガイドで砂金採りが体験できる金山博物館へ。

Shimobe_016_2 Shimobe_019_1

下部温泉は武田信玄の隠し湯とのことで、

立ち寄り温泉に行くことにした。          Shimobe_022_2

帰りの電車の本数が少ないためあまり

時間がない。そのため近場の町立の

下部温泉会館に寄った。

風呂の窓の傍に咲く桜の花びらが風に

吹かれて浴槽に舞い込んできた。

駅まで戻り帰りの電車に乗り、3つ目の駅の

身延で降りる。青春18切符は乗降はもちろん            Shimobe_030_2 

自由。身延線はシニアに人気の線のようで、          

お客は中高年の女性グループが多かった。

身延山久遠寺行きのバスを待つ間、

駅前の富士川畔に咲く枝垂れ桜を見た。

他の桜はもう既に花が散っている中、

1本だけすばらしい花をつけていた。

身延山久遠寺は日蓮宗の総本山。

初めてお参りしたがさすが総本山、特に本堂はすばらしい。

五重塔が来年秋完成予定で復元中だった。

境内の桜はすべて大きな立派な枝垂れ桜。ただ残念ながら、大好きな枝垂れ桜は

ほとんど花は終わっていた。

Shimobe_034 Shimobe_040 

参道の石段は降りるとき数えたら280段。一段一段が結構高く上りは息が上がった。

      Shimobe_036_1     Shimobe_039_1

6時過ぎ身延駅で電車に乗り、熱海に着いたら8時過ぎ、そのまま東京に帰るNさんを

送り、普通電車の長い旅は終わった。

« 桜(その2) | トップページ | 桜(その3) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身延下部温泉:

« 桜(その2) | トップページ | 桜(その3) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト