« 住居建替えプラン | トップページ | セミナー参加 »

2007年3月16日 (金)

川口保育園児交通事故判決

ブログに何度も書いた川口小鳩保育園児4人が亡くなった交通事故の加害者に対し

今日判決が出され、新聞、テレビが繰り返し繰り返し報道していた。

業務上過失致死傷罪の最高刑である懲役5年が決まったものの、納得するには到底

程遠い罪状である。

以下は夕刊に書かれている裁判長の発言。

  ・車を走る凶器として暴走させた無謀運転の極み。法定刑の上限をもってしても

   罪責を評価しきれない。

  ・事故は危険な運転をむやみに繰り返した運転性癖の発露。

   安全運転無視の姿勢は根深く、再犯の恐れが強い。

署名活動に参加したことがきっかけで知り合った遺族のおひとりの福地さんに

夜電話した。

福地さんは以下話されていた。

『判決文の読み上げからはじまり裁判長は1時間話してくださった。極めて異例のこと。

裁判長は危険運転致死傷罪に相当する罪責であるが、現行法では危険運転致死傷罪

を適用することができず、5年の懲役刑にとどめざるを得ないという感じであった』

9月に起きた悲惨な事故は、明らかに現行法に大きな問題があることを浮き彫りにし、

半年たった今日加害者の処分が決まった。

遺族の皆さんが法律改正に向けて立ち上り、署名活動を始められたのは12月初め。

3ヶ月半の間に全国の22万人を超す人たちが法律改正に賛同し署名をした。

大変な数の人たちの後押しも空しく、現行法の壁を破ることはできなかった。

福地さんは電話の最後にこう言われた。

『業務上過失致死傷罪の最高刑(懲役5年)が窃盗罪(懲役10年)よりも重くなるよう、

これからも活動は続けていきます』

« 住居建替えプラン | トップページ | セミナー参加 »

コメント

今日のUniversity Forum、大変密度の高い内容になりました。各報告、それを総括した卯月先生、そして、やはり、川口小鳩保育園児惨事を福地さんを通じて肌身で感じ、花房さんに報告していただいたことが大きな要因と思います。
 遅くまで足止めして、もうしわけありませんでした。まずは感謝まで。

昨日はお疲れさまでした。
大変密度の濃いフォーラムになりましたね。
次のステップへの踏み出しの予感が感じられます。

二木先生へご連絡される際には、もちろん私の名前を
出していただいて結構です。

出来ましたら、二木先生によろしくお伝えください。
少しでも皆様、犠牲者の無念も晴らしたいと。

福地さん
明日にでも二木先生に電話してみます。
またご連絡します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川口保育園児交通事故判決:

« 住居建替えプラン | トップページ | セミナー参加 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト