« 初めての街宣活動 | トップページ | 川口保育園児交通事故判決 »

2007年3月15日 (木)

住居建替えプラン

月曜日夜、横須賀に帰ってきた。

火曜日の午後、一軒隣のSさんと家の建替えについて2回目の意見交換を行った。

我が家はテラスハウスと呼ばれる連棟式の戸建て住宅。住んでほぼ30年。

テラスハウスの全戸数は89戸で、7ブロックに分かれている。

我が家のブロックは13戸。

20メートルくらいの道をはさんだ先は海で、眺めはいいものの潮風をもろに受け、

当然塩害がある。

居住者がかかえる共通の悩みは、家屋の老朽化、価値の下落、居住者の高年齢化、

それに連棟式故の悩みである、ブロック全戸で一斉建替えする合意取り付けの難しさ。

『何とかしなきゃねぇ』と、みんなで言いながら久しい。

Sさんは横須賀で30年以上中堅の建築業をやっている会社のオーナー社長。

熱海に行く前、Sさんから、『建替えについてアイディアがありちょっと話を聞いて欲しい』

と言われ、Sさん宅で2時間以上議論した。議論した結果をボクの方でまとめてみると

約束し、熱海でまとめSさんにメールで送った。

火、水曜日合計7時間近く議論し、資料をつくり直した。

つくり直した資料をもとに、来月早々ブロックの他の皆さんと意見交換をすることに

なった。

ふたりで議論しまとめたアイディアの主なポイントは、

  ※ 更地にし現行の建築協定を変更しマンションに建替える。

  ※ 13分割した各戸の所有する土地と、マンションの最上階の1室を等価交換する

    ことを条件に建設を請け負うデベロッパーを探す。

        最上階以外の部屋はデベロッパーが一般向けに販売する。

   ※ 充分な耐震対策を施し、住民の発意とデザインによるハイクラスの建物・部屋に

         仕立て、自信を持って次の世代に引き継げるものをつくりあげる。

まだまだ想い先行で、当然課題はたくさんある。

居住者の間にはさまざまな考え方、思いがあるはずで、一枚岩になることはもちろん

容易なことではない。アイディアだけで終わり、全体が没になる可能性ももちろんある。

これからどう展開していくか全くわからないが、考えるだけでワクワクする話なので、

Sさんと一緒に楽しみながら進めていきたい。

« 初めての街宣活動 | トップページ | 川口保育園児交通事故判決 »

コメント

 
タックさん、フ=です。

職業柄、ものすごく惹かれるお話です、、。
もしよかったら今度色々と聞かせて下さい。
勉強したくてうずうずしてる毎日ですから。
それにしてもいいなぁ、、。羨ましいです、、

フ=
 

フ=さん

まだどうなるか全くわかりません。
ただ、完成した暁のことを考えるとワクワクしてきます。
2階でも悪くないビューが例えば7階になったとしたら。。。
ムリしないで進めますし、反対があればいさぎよく諦めます。

こんにちは 頑張ってますね(笑)!


ただ、高層化・・・となれば、今日こんなニュースが舞い込みました。

http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070313/wdi070313000.htm

職業柄「建てる」側なのですが(笑)、実は10年ほど前に京都市のオファーで景観調査を行ない、高く建ててはいけない場もあるのだという事を身をもって感じました。本当に動き出すとは夢のようです。

まぁこれは京都というかなり特殊な場合・・・タックさんの所は大丈夫ですよね(笑)?

(地権者間のコンセンサスというより周辺の方々との関係性ですね)

まだまだ「こうなればいいなぁ」と考えている段階です。
我が家の一帯は西武が埋め立てし開発した住宅地で、
テラスハウス以外に多くの戸建住宅が建っています。
おっしゃるとおり周辺の戸建て居住者の合意が得られることが
極めて重要なポイントになります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住居建替えプラン:

« 初めての街宣活動 | トップページ | 川口保育園児交通事故判決 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト