« 桜(その1) | トップページ | 『芋たこなんきん』終了 »

2007年3月30日 (金)

久しぶりの訪問

今日は2006年度の実質的な最終日。

会社によって定年退職日は違うものの、今年から団塊世代の退職がはじまることから、

今日が最後のお勤めの日だったという人は全国にたくさんいるはずである。

そのような人たちにとっては、今日は人生で最も感慨深い一日であったことだろう。

さて、今朝は久しぶりにフランチャイズパソコン教室『キュリオステーション』の本部を

訪ねた。

社長の石川さんから、『新年度に向けて新しい事業をいろいろ仕込みつつあり、一度

お話したい』とのメールをいただき、下北沢にあるキュリオステーションの親会社である

インフォメーションバンクを訪ねた。

インフォメーションバンクがパソコン教室事業をスタートさせたのは3年半前。

これまでに契約ベースで全国99店舗、うち70店舗が既に開設済み。

4月だけでも4店舗が新規にオープンするそうで、全スタッフフル回転とのこと。

石川社長から話を聞き、目標の300店舗に向けて着々と事業展開が進んでいる

様子がよくわかった。

9月にはパソコン教室事業部門であるキュリオステーションを独立させ、株式会社

組織とし、数年先には全体を上場させるべく組織、体制の整備を進めているとのこと。

そのため、ファウンダーでオーナーである石川さんは着々と手を打っている。

先ず、これまで自らすべてを先頭に立ってやってきた体制から、若い3人の幹部を

要所につけ、大変実績を上げてきたひとりをキュリオステーションの社長に抜擢した。

オーナーであるからできることであろうが、若い人に重責を担わせ、やる気を持たせて

やらせる石川流のマネージメントは大いに成果を上げつつある。

幹部ならびに現場は事業目標、数字目標に向け邁進している。

目指すは地域のデジタルステーション。

パソコン教室事業に加えて、プリント・広告・物販等、まさに地域のデジタルステーション

になるべく新しい事業の仕込が進んでいる。

上場に向けた準備をするために雇っているコンサルタントの話で盛り上がった。

外資系企業を経て、アメリカでMBA資格を取得し、常務取締役として経営に参画した

企業をJASDAQ市場へ上場させた経歴の持ち主で、30歳後半とのこと。

大企業ではなかなか育たないこのような才能と経歴を持つ若い人たちは、今では

決して珍しくないことだろう。これだけ聞いただけでも世の中が大変な勢いで変わり

つつあることを実感する。

優秀なコンサルタントとタッグを組んで、石川社長はインフォメーションバンクをますます

勢いのある企業にしていくことであろう。

2時間近く話し、今日もまたいろいろ面白い話が聞けた。

« 桜(その1) | トップページ | 『芋たこなんきん』終了 »

コメント

本日は下北沢までお越しいただきありがとうございました。
また頂戴したお菓子が美味しくてパクついてしまいました。(甘いもの大好き人間です。)
先輩からみたら、危なっかしいことばかりやっていますが、いつも大きな心で話を聞いて頂ける事を本当に感謝しています。
未熟者ですが前を向くことと、自己反省は怠らずに邁進してまいります。
これからもご指導よろしく御願いします。

昨日は年度末のお忙しい中、長時間お付き合いいただきまして
ありがとうございました。

過分なお言葉をいただき恐縮しています。
構想された路線に乗って社業が順調に推移・発展していることを
昨日も確認させていただきました。

お体に留意され、ますますのご活躍を心より祈念いたしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの訪問:

« 桜(その1) | トップページ | 『芋たこなんきん』終了 »

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト