« 小田原ぶらぶら | トップページ | 齊藤市長に再度面談 »

2007年2月10日 (土)

熱海ぶらぶら

娘と孫娘ミサキは2泊して横浜に帰った。

駅まで送って行き、別れ際、2歳3ヶ月知恵のついたミサキに大声で泣かれた。

熱海の街は平日なのに結構観光客が多かった。寒い時期なので温泉目当ての人が

多いのであろうが、それにしてもしばらく前に比べ観光客が増えてきたように思う。

ただ、駅構内にある観光センターの応対はいただけない。何度も寄って知りたいことを

聞いたことがあるが、的を得ないことがしばしばあった。熱海の顔なんだから、もっと

何とかならないものかとそのたびに思った。

熱海再建の重要なカギは、観光事業の再生である。

齊藤市長は財政再建と並んで、観光戦略に力を入れている。

先日の熱海新聞に、『市内の経済団体や市民の力を結集して熱海の観光を見直し、

観光の視点から”進化するリゾート都市”としてワンランク上の都市経営を目指すことを

目的に、市長直轄の組織として”観光戦略室”を設置する』と書かれていた。

観光戦略室が熱海再生のためにしっかり機能することを切望する。

途中、湯前(ユゼン)神社に寄った。まさに熱海らしい名前の神社である。

鳥居脇には手を清める水の代わりに温泉水が湧き出ている。

年2回開催される例大祭がちょうど行われていた。

Nm_061 Nm_060

湯前神社のあと糸川に熱海桜を見に行った。          Nm_063

早咲きの桜としては伊豆の河津桜が有名で   

あるが、熱海桜の開花は河津桜より早い。

既に8~9分咲きの感じであった。

糸川沿いは雰囲気は悪くないが、造りが

雑である。手を加えれば明らかにもっと

良くなるはずである。

小腹がすいたので今日も行きつけのカフェベーカリーナチュラルに寄った。

カミサンが以前から興味を示していたYugawara_003

フレンチトーストをいただいた。                       

そもそもこの店は、ゲームソフト桃太郎電鉄

(通称 桃鉄)の作者のさくまあきらさんの

ホームページで知った。

桃鉄は若い人たちに大変人気のある

超ロングセラーのゲームソフトで、累計売上げ               

1500万本と言われている。                      Yugawara_005 

行くたびにさくまさんご家族の話題が出る。

先月、新しいゲームソフト用に熱海でも取材と

撮影があったそうである。

そのときロケハンでさくまあきらさんがナチュラル

寄られたそうで、色紙が飾ってあった。

« 小田原ぶらぶら | トップページ | 齊藤市長に再度面談 »

コメント

はじめまして、熱海が好きな彩雲4号と申します。(松尾@熱海様にはお世話になっております)

>>駅構内にある観光センターの応対はいただけない。
全く同じ事を思っていました。小生も接客業をしておりますがその接客はないだろう、と見る度に感じています。本当に熱海を好きな方に就いて欲しいです!

とても素晴らしいブログですね。また立ち寄らせて頂きます。

彩雲4号さん

コメントありがとうございました。
観光案内所のお粗末な応対については
女房も同じ思いを持っていて、ふたりで
ずっとイライラしています。

駅の観光センターはまさに熱海の顔です。
観光振興は熱海再生のカギです。
おっしゃるとおり熱海が好きでおもてなしの心のある
方に応対してもらいたいです。

多くの人たちが同じことを思っているようなので、
私も書きますが、みんなで市役所にメールを書いては
どうでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海ぶらぶら:

« 小田原ぶらぶら | トップページ | 齊藤市長に再度面談 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト