« 節分祭 | トップページ | ひとりで横須賀 »

2007年2月 4日 (日)

NPO理事会

カミサンを熱海に残し、朝8時に出て、ひとりで横須賀に帰ってきた。

日曜日の朝であったため渋滞はほとんどなく、2時間弱で帰れた。

たまっていた手紙、留守電を処理し、NPOの理事会に参加するため出かけた。

埼玉県を中心に、ITを活用しさまざまな地域社会活動をしているNPO法人彩SITA

さいサイタ)の理事会に特別参加した。  ※ SITA:シニアITアドバイザー

12月13日のブログ、『マイクロソフトとの打ち合わせ』で、フューチャーリンク

ネットワークの地域ポータルサイトまいぷれ』について、以下の紹介をした。

  ヤフーやグーグルでは検索が難しい生活に密着した地元の情報を求める人たち、

  例えば、子育てをしているお母さん、介護している人、習い事をしたい人・・・

  『まいぷれ』は、そういう人たちに役立つ地域情報ポータルサイトである。

彩SITAとフューチャーリンクネットワークが埼玉地区で何かうまい連携ができない

ものかと考え、フューチャーリンクネットワーク社の石井社長に来てもらい、今日の

意見交換会をセットアップした。

冒頭、石井社長から『まいぷれ』を   Kawaguchi

開発した想いと経緯、現況と実績、

自治体との連携等が話され、出席した

彩SITAの9名の理事の皆さんから

いろいろ質問や意見が出た。

今日の段階では具体的な連携にまでは

話は至らなかったものの、今後双方で

可能な連携を模索していこうということになった。

今日も石井社長は何度も、『愚直にやっています』と言われた。

まったくその通りだと思う。

地域ポータルサイトを構築・維持してゆくには大変な労力とエネルギーが必要である。

30名の社員でよくぞここまでとの思いが痛切にした。

行政が支援し、制作・維持しているポータルサイト(まいぷれ)も出てきている。

役所情報が一元化され、それに民間情報が融合した地域ポータルサイトは住民の

望むところである。『まいぷれ』はまさにそれを目指している。

石井社長は会社を興して7年。

明らかに社会に役立つことを、まさに愚直にやられている。

こういう方、こういう会社には是非とも成功して欲しい。

そのあとしばらく理事会に参加した。

懸案事項はいろいろあるものの、メンバーの皆さんそれぞれの立場で地域住民の

情報リテラシー向上を目指す活動をされている。

理事会を途中で失礼し、6時に約束していた税理士のF先生に会うため六本木の

事務所にお邪魔した。

今年が3回目となるパソコン教室の確定申告書類を作成してもらうために必要な

書類と資料を渡し、打ち合わせをしてきた。

税理士さんは今が1年で最も忙しい時で、F先生も、『この時期、土曜、日曜はまったく

なく、毎日夜中までやっています』と言われていた。

F先生には年に2度くらいしかお会いしないが、お会いするたびに知らなかったことを

いろいろ教えていただき、毎回会うのが楽しみである。

今日はそんな一日だった。

« 節分祭 | トップページ | ひとりで横須賀 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPO理事会:

« 節分祭 | トップページ | ひとりで横須賀 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト