« 熱海にて(3) | トップページ | 湯河原ぶらぶら »

2007年1月31日 (水)

熱海にて(4)

熱海市の齊藤市長に提案するため面談時間をもらったことを28日のブログに書いた。

今日3時、市役所の市長室で市長に会った。

面談の予定時間は15分であったが、提案以外いろいろ話していたら30分になった。

話していて誠実さがじわっと伝わってくる方で、ますますファンになった。

冒頭、『熱海のことを思い、興味ある具体的な提案を考えていただき、ありがとう

ございました』との謝辞が述べられ恐縮した。

4つの提案の中、①人口5万人タウン復活作戦、②観光戦略室特別顧問の登用の

2つを中心に議論した。

書いたことを今日即アクションに結びつけられるとは、もちろん思ってもいなかった。

初めての面談で、和やかな雰囲気のなか楽しくしっかり30分話せたことで十分満足した。

発言の端々に市長職の大変さがいろいろ出てきて、初対面のボクにそんな感じで話して

くださったことに対し、より親しみを覚えた。

庁内対応、議会対応、業界対応、選挙対応、マスコミ対応、組合対応・・・

本当に激務である。

『自分として一番やりたいことはあちこち行って熱海を売り込む”営業”です』と言われて

いたのが印象的だった。

終わったあと思わず『体あってのモノダネですから、くれぐれもお気をつけください』と言い

握手して別れた。

市長との面談前に1時間、終わったあと30分、齊藤市長を全面的に支援されている

民主党橋本一実市議と提案書の中身および4月の市議選ほかいろいろ話した。

29日のブログで橋本市議の市政報告会を聴きに行ったことを書いた。

橋本市議から報告会の翌日電話をいただき、お会いしたのは今日が2度目だった。

橋本市議から具体的な良い提案であるとのお褒めの言葉をいただいた。

橋本市議は齊藤市長の側近であるため今後のフォローをお願いしたいと依頼したら、

快く引き受けてくださった。

数ヶ月前から考えていた市長への提案がやっと実現し、終わったあと心地よい気持ちで

帰路についた。

« 熱海にて(3) | トップページ | 湯河原ぶらぶら »

コメント

活動的なご様子を拝見したく、またコメントさせて頂きます(笑)。

市庁舎 通りすがりに見ましたが、正面が分からぬまま梅園方面へ走りました(笑)。市長さんと面談されたのですね。貴重な体験ですね。勉強になります。


(ここから先は詳細な事情の分からぬ第三者的コメントになります。恐縮ですが・・・)

不思議なのは、「なぜ景気がいいと皆が浮かれていた時期に市庁舎を建替えなかったの?」という事です。でも、誠に失礼ながら・・・いま考えれば不幸中の幸いのような・・・前向きに考えられそうです。

市庁舎機能の中でも「ムーバブル」な部署があるはずです。また、必要以上の「セキュリティ」を要求されない部署もあるはずです。空室ホテルを市役所関連SOHOとして安価に使ったり、産学官共有で旅館をテンポラリー・オフィス化したり、街全体にユビキタス化を促進してパソコン環境さえよくすれば面白そうで・・・。建設費のイニシャルコストも抑えられそうですし、平日の駐車スペースも旅館と連係できそうです。

繁忙時間が旅館ホテルと公共施設は「月と太陽」・・・相互補完できると考えられます(あくまで概念的ですけど=笑)。

ナポリ、香港、マカオ・・・世界の名だたる観光地・保養地に電脳を加えた SPA+SOHO・・・できる事なら私は空スペースを借りたいです(但し2万/月までかな・・・笑)。


以上・・・思いつくまま書いてしまいました。お許し下さい。


これからも期待しています!

たびたびのコメント、それにいろいろユニークなアイディア
ありがとうございました。

「なぜ景気がいいと皆が浮かれていた時期に市庁舎を
建替えなかったの?」、おっしゃるとおりですネ。
ただ、バブルの落とし子のような庁舎が建てられたかも
しれませんが。

建てられたのが50年前と聞きビックリしました。
おそらくこの10年くらいは問題を先送りしてきたのでないかと
思います。

今日、斉藤さんから電話をいただきました。忙しい中、恐縮しましたが、さらに、私のブログを読まれ、その中に花房さんの名前があったためでしょう、花房さんにお会いしたと書いてありました。花房さんと私が知り合ったきっかけが斉藤市長だったことは知らない様子でした。
 電話で「毎日が勉強」とおっしゃり、メイルで「私の人生も人とのご縁やつながりで今日まで来ている気がします」と書かれ、斉藤さんの謙虚さ、誠実さを感じました。
 斉藤さんにもエールを送り続けたいと思いました。

小栗さん
コメントありがとうございます。

お会いしたとき齊藤市長は私にも
「毎日が勉強」とおっしゃっていました。
「当面のいろいろな課題への取り組みが
終わって余裕ができたら、あちこちに出かけ
熱海を売り込む”営業”活動をしたい」と
言われていたのが印象的でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海にて(4):

« 熱海にて(3) | トップページ | 湯河原ぶらぶら »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト