« 五木寛之氏 講演会 | トップページ | 1ヶ月ぶりに娘宅へ »

2006年12月 3日 (日)

ネットで知り合った人たちと過ごした1日

昨日は署名活動で川口市に出かけた。

何故出かけることになったかを先ず説明する。

ブログに熱海市長選挙のことを何度か書いたことにより、いろいろな方と

ネット上で知り合いになった。そのうちのおひとりは千葉商科大学

政策情報学部教授の小栗幸夫さんである。ボクのブログに小栗さんが

コメントを書いてくださったことがきっかけだった。

小栗さんは、熱海市長になった斉藤さんとは地域振興を通し昔からの

知り合いで、選挙の折には斉藤市長のブログに応援メッセージを書かれた

仲である。

小栗さんはスピードリミットが設定できる車、ソフトQカーを開発され、

その普及に尽力されている。 『ソフトカー・ダイアリー』というブログを通し

ソフトQカーのPR活動を続けられている。

1週間少々前、小栗さんのブログを見た方が書き込みをされた。

その方は、9月に川口市で起きた、保育園の園児の列に車が突っ込み

園児4人が亡くなった事故の遺族のおひとりである福地禎明さんである。

福地さんが東川口駅前で署名活動をする旨、小栗さんのブログに

書き込みをされたのを見て、昨日小栗さんと一緒に川口の署名活動に

参加した。

小栗さんにお会いするのは初めて。もちろん福地さんも初めて。

6時半に家を出て、2時間以上かけこれまた初めての場所、東川口に

行った。昨日はJリーグの優勝を決める最終戦が2時から埼玉スタジアム

であるということでスタジアムへの乗り換え駅である東川口駅は朝から

人がごった返していた。

小栗さんはソフトQカーで来られた。

Softcaro    Softcar2 

亡くなった4人の園児の写真が飾られ、新聞記事がテーブルに置かれ

園児たちのお父さんお母さんの呼びかけで、9時過ぎに署名活動は

はじまった。

Syomei2     Syomei1_1

Fukuchi  Youshi

お母さんの『ランドセルを楽しみにしていました』、『かわいい4人の女の子

たちでした』の呼びかけには、胸がジーンときた。

新聞・テレビ、マスメディア関係者も多くいた。

ボクも途中から署名のお願いに参加した。多くの方々が足を止め話を

聞いてくださった。

署名の趣旨は、『4人が亡くなった大変な事故なのに、加害者の処分は

あまりにも軽い。何としても法律を変えたい』との訴え。

署名をお願いした多くの方々が同意してくださって、『その通りです。

頑張ってください』と言われ、署名に応じてくださった。小学生、中学生、

子供を連れたお母さん、若いカップル、チャ髪の子、お年寄り・・・

近くの交番に延長申請し、署名は4時前まで続いた。

途中、福地さんにお願いして事故現場に連れて行っていただいた。

テレビで何度も見た場所だった。

活動に参加して本当によかった。

帰るときは心が洗われる気持ちになった。

今日もお父さんお母さんたちは別の場所で署名活動をされている。

子供さんたちが戻ってくることはないけれど、活動が社会を少しでも

動かしていくきっかけになればと、心から願ってやまない。

« 五木寛之氏 講演会 | トップページ | 1ヶ月ぶりに娘宅へ »

コメント

昨日はご苦労さまでした。わかりやすい文章で、私自身、昨日何を体験したのかがわかるように感じる記事ですね。

私のブログには書いてないのですが、ソフトQカーで川口から市川に向かった帰り、道を全く間違えることなく、大学に着いたことで、昨日の経験が余計すっきり感じられたのかと思います。(車は、一度道を間違えると、修正がしづらく、困ります。)

もちろん、頻繁にブログで意見交換をしたみなさんとお会いでき、いい気持ちで活動に参加できたことが、昨日の気持ちよさの最大の要因です。

刑法、検察など、難しい事柄の入口になるお話、本当にありがとうございました。私のブログに、私の勉強のプロセスのアップをはじめました。

休日がもう一日ほしい、と贅沢な希望を持つ日曜の夜です。

小栗さん

書き込みありがとうございました。
撮られた写真を送っていただいたおかげで
いろんな写真が掲載できました。

川口は遠方ですから、今後あまり出かけていくことは
できないと思います。
遠くから、福地さんたちお父さんお母さんを応援させて
いただきます。

私のブログで危険運転致死傷について書いています。花房さんのガイダンスがあってスムーズに勉強が進んでいます。

定年バンザイを読むと、花房さんの毎日を楽しく理解できます。また、不思議なつながり(共通の友人がいるとか)を発見するかもしれませんね。

今後ともよろしくお願いいたします。

小栗さん

再度の書き込みありがとうございました。

危険運転致死傷罪は明らかに見直しの
時期にきていると思います。
現に国会議員からも問題提起が出始めています。

今朝は週2回行っているテニスの日でした。
テニスコートで署名を15人くらいの人たちにしてもらい
福地さんに送っておきました。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

おはようございます。先日は遠路はるばる、ありがとうございました。
そして御署名、御協力ありがとうございました。昨日は南越谷駅にて
、本日は川口駅で署名活動を行っております。
この署名活動はもはや我々だけの問題ではなく、理不尽な事故で
肉親を失い、尚法律や各行政に不信、不満を抱ねばならない現代
社会の不備といえるでしょう。皆様のそして大勢の犠牲者、御遺族の
無念を少しでも柔らげるべく、全力をつくします。
奥様にもよろしくお伝え下さい。

福地禎明様

お忙しい大変な中、ブログをご覧いただきコメントまでいただき
恐縮いたします。

連日の署名活動、本当に頭が下がります。

おっしゃるとおりです。
法律、関係する行政(警察、検察、裁判所)、社会の仕組み・
システム・・・不備だらけです。
経験して初めて知り、わかることばかりです。

また、知ってわかった人たちが動かないと何も変わらない、
このことが極めて残念です。

何かお役に立てることがありましたら、どうぞ遠慮なく
ご連絡ください。

こんばんは。朗報があります。川口市の御協力を得て30万人分
の署名書の準備中です。どれだけ回収できるかわかりませんが。
ちなみに、手元にあるのは約2万人分です。
明日、さいたま地検の説明会があります。手元の署名書も持って
いきます。出来ましたら、花房様の言葉を伝えたいです。
頑張ってきます。

福地様

お知らせいただきありがとうございました。
大変な朗報です。

福地様はじめご遺族皆様のお気持ちを川口市が
しっかり受け止めてくれました。
30万人って大変な数です。
市の職員の皆様はもちろんのこと家族・知人大変
広い範囲で賛同してもらえる動きに結びつくものと
確信いたします。

あとはこの世論の後押しを検察がしかと受け止めて
呼応してくれることを切に願うばかりです。

検察の定める現在の処分のあり様は絶対に間違っていると
確信しています。
明日の検察の説明会がこれまでの繰り返しで問答無用に
終わることがないことを心底願っています。

福地様

私も花房さんと同じ感想を持っています。私のブログにいただいたコメントにお答えするかたちで、私の考えや最近してきたことを記しています。http://blog.livedoor.jp/oguriyukio/archives/50062406.html#comments をお読みください。

明日(今日)の検察説明で新しい展望が開かれることを期待します。

昨日の報告です。再捜査内容ですが、あまりいい話はありません
でした。しかし、2度目の説明会に6人もの検察官を揃え、前回とは
あきらかに対応が違いました。まず、井沢被告は弁護士を解任しています。弁護士も辞任しています。現在、国選弁護人をつけているようです。理由は不明。初公判の日程以前不明、公判前整理手続きの決定、担当検察官4名、裁判官も3名になる等極めて異例の措置の
ようです。花房さんのお言葉は不要なようでした。
そして、危険運転致死傷罪の変更の可能性を尋ねると、加藤裁判部長は「ある」と答えられました。(わずかでしょうが。)しかし、確実に風向きは変わり始めました。
これは、大勢の署名とマスコミ各社、御協力頂いた方々のおかげ
といえます。4人の子供達と、御子息の追い風もあるのかもしれません
ね。

福地様

ご報告ありがとうございました。
再捜査項目の中に、縁石に残っている痕跡がタイヤ痕か
どうかは含まれているのでしょうか?
そうではないような気がしますが・・・
そうでないということになれば、井沢は衝突の直前に
ブレーキをかけていないと言えるのではないでしょうか・・・
タイヤ痕かどうかの確認は物性検査をすればわかることだと
思います。

井沢が弁護士を解任し、国選弁護人に代えた理由は
もちろんわかりませんが、考えられることとしては、
①弁護士とソリが合わなかった②弁護士費用が高すぎ
国が費用をまかなってくれる国選弁護人に代えた。

一般的に国選弁護人は、個人で依頼する弁護人に比べ
力の入れ方・熱意は低いですし、実力的にもそれほどでないと
言えるのではないでしょうか。

埼玉県内で、公園に行く途中の保育園児たちの列にワゴン車が突っ込み、17人が死傷するという事故が発生したというニュースに、胸が震えました。

何ということでしょう。園から100メートル先にある公園まで、お友達33人と先生5人で、二列に並んで、手をつないで楽しく歩いていただろう時に、予期せぬ出来事が起こりました。

加害者は、助手席のカセットに気を取られて、わき見運転したようです。飲酒運転でもなく、悪質なスピード違反でもないかもしれないのですが、後ろから突っ込み、発生したその事実は、惨状そのものなのです。

事故現場は6メートル幅の歩道のない裏道で、毎日近くの公園まで遊びに行く時に通る道だったのに。まだ自分では歩けない乳幼児さんもお散歩カーに乗って、引率の先生に連れられ、ニコニコ楽しそうにしていただろうのに。とても悲しい現実です。(9月25日私のブログより抜粋)

はじめて投稿いたします。私は京都市在住ですが、新聞報道で今回の事故を知り、とても気にかかって仕方ありませんでした。
たまたまネット検索をしていて花房様のブログを拝見しましたが、「少し風が吹いてきた」ことを知りました。
上記のように、ブログに自分の意見を掲載することはできます。遠方からですが、どうか納得のいく対応がなされますようにと祈念しております。くれぐれもお身体大切になさってください。

今井好子様

ブログをご覧いただき、コメントを書き込んでいただきまして
ありがとうございました。

本当に悲惨な事故です。
そのような中、亡くなった園児たちのお父さんお母さんは
精一杯頑張っておられます。
先日署名活動に参加した折に道行く人たちに訴えられていた
声を聞いて胸がつまる思いで涙が出ました。

予断はまったく許しませんが、「少し風が吹いてきた」と福地さん
よりお聞きし、検察がご遺族が納得される結果を出してくれることを
ただただ願うばかりです。

今井様のコメントは福地さんはじめご遺族の皆様がご覧になって
いらっしゃることと思います。
できれば今井様のブログのアドレスを私のブログのコメントで
お知らせいただければ幸いです。


こんばんは。捜査内容等は埼玉県警同様あまり教えてもらえません
でした。公判前に情報がもれるのはまずいのでしょう。それから今井
様、ありがとうございます。この事故はいつ、どこで起こっても不思議な
ことではないのです。私はこの事故の本質は井沢被告の人格が引き起こした事故であると見ています。被告は運送会社社長の息子で10数年仕事をせず、親の金で遊び歩いていたそうです。事故当日前も2日間家に帰らず、事故前夜も夜遊びしていたようです。独身で子も家庭も
なく。つまり、失うもの等何もないのです。損害賠償も無制限で金銭的にも何の負担もありません。刑期さえすませば、又同じ生活に戻るだけ
です。このことが、我々4遺族の怒りを倍加させています。我々は1人
娘を失い、人生を大きく崩されたと言うのに。この事実は是非京都でも
広めて下さい。井沢被告のような人間はどこにでもいます。
対抗策は自分の身は自身で守ること、被告のような人間を根絶させる
こと。しかし子供やお年寄りのような弱者は自身で保身できません。
ならば、厳罰化によって悪質な人間を社会から出来る限り長く隔離するしか方法がないと思います。

福地様

私はこれまで多くの交通死亡事故の事例を見聞きし、それに
多くの裁判を傍聴して加害者たちを見てきました。

彼らの多くはまるで判で押したように言動が酷似しています。
福地さんご指摘のように、偏にその”人格”、それに
”失うものがない”、まさに言い当てています。

他人のことなどまったくかまわない、ただただ自分さえよければいい、
もちろん他人の痛みなど解かろうとしない、自分のやることに責任を
持つなど考えもしない、今がよければいい、悪いことをしても
ばれなければいい、自分の欲望が満たされればいい・・・、
このような人間が平均的な加害者像だと言っても間違っていません。

こんなヤツが公道をバンバン我がもの顔に凶器を操りながら走って
いるんです。こんなヤツは酔っ払って運転することにも罪悪感を
感じません。
悲しいことに、これが現実なのです。

福地さんが最後に書かれていること↓、まったく同意します。

 ”対抗策は自分の身は自身で守ること、被告のような人間を根絶
  させること。しかし子供やお年寄りのような弱者は自身で保身
  できません。
  ならば、厳罰化によって悪質な人間を社会から出来る限り長く
  隔離するしか方法がないと思います。”

今井さんが書き込みをしてくださったのを機に、今井さんのブログを
通して輪が広がっていくことを願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットで知り合った人たちと過ごした1日:

« 五木寛之氏 講演会 | トップページ | 1ヶ月ぶりに娘宅へ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト