« あれから2年(4) | トップページ | この時期恒例 »

2006年7月18日 (火)

あれから2年(5)

カンボジャには市民の足となる交通機関がほとんどない。

首都のプノンペンですら、電車はおろかバスも走っていない。

富裕層は車またはバイク、一般の人たちの足はバイクタクシー。

運搬にはトラック。人がいっぱい乗ったトラックやさまざまなものを運ぶトラックを見た。

休みの日ブラブラ歩いた帰り、ホテルまでの道が遠かったので一度バイクタクシーに

乗った。バイクタクシーはいたるところにいて、乗らないかと声をかけてくる。

乗ったことをJICAの人に話したら、危険なので乗らないようにと言われた。

仕事には、JICAが用意してくれた運転手付きの車を2ヶ月間使った。

Pic00076 60042

Img_0284 101_0154

« あれから2年(4) | トップページ | この時期恒例 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから2年(5):

« あれから2年(4) | トップページ | この時期恒例 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト