« ガンバレ!熱海 | トップページ | スタバで思ったこと »

2006年5月 6日 (土)

初めての静岡

以前からカミサンに『静岡に興味のある、とろろ汁を食べさせるお店があるので行こう』と

誘われていた。『とろろ汁を食べにわざわざ静岡まで、なぜ?』と思っていたため、ずっと

生返事をしていた。

『今回どうしても行きたい』ということで、行ったことのない静岡でもあるし、それじゃと

観念し、とろろ汁のお店、『丁子屋(チョウジヤ)』に行くことになった。

初めての路線なので、ゆっくり東海道線の在来線で行くことにした。

熱海から静岡まで、1時間20分。

車内の路線図を見たら、東海道五十三次の宿でなじみの地名がいろいろある。

吉原、蒲原、由比(旧 由井)、興津、藤枝、金谷・・・・

   0505shizuoka_027_4 

そういえば、藤枝から東京 丸の内まで新幹線で通っていた仲間がいた。藤枝は静岡より

もっと先なんだ。よく通ってきていたものだ。定期券をなくしたら大変なことになると

よく言っていたが、そのとおりだ。

曇り空で富士山がまったく見えなかったのがとても残念だった。天気が良ければ、

吉原から興津あたりは冠雪した大きな富士山がバッチリ見えて、最高だったろうに。

静岡駅に着いたら、12時半をまわっていた。

駅の案内所で丁子屋を聞く。有名のようでチラシが用意してあった。

バスで20分。降りて店に入るとスゴイ行列。

  0505shizuoka_004_2  0505shizuoka_005_1 

0505shizuoka_003_2

朝掘りの筍を売っていた。車だったら買っただろうが、

道中とても持って歩けないので諦める。

このあたりは、五十三次の鞠子の宿だったそうだ。

由緒あるお寺や散策道があるようだ。

行列に並び30分以上、やっと膳が運ばれてきた。

麦ゴハンと自然薯(山芋)の味の方は、まずまずだった。

カミサンの勧めで、むかご(山芋の芽)揚げをいただく。(写真右)

 0505shizuoka_013_2  0505shizuoka_012_3 

食事のあと、今まさに旬の新茶を買って、バスで静岡駅へ戻る。

駅でバスを乗り換え、20分くらいのところにある登呂遺跡へ行く。

 0505shizuoka_021  0505shizuoka_023 

昔歴史で習った弥生時代の遺跡、復元なのは当たり前だが、重々しさがなく、少々

興ざめした。公園の一角にあり、そばでは子供たちが野球をしていた。

その点、公園の奥にあった『芹沢銈介美術館』は  0505shizuoka_025 

なかなか良かった。カミサンは知っていたが

私は、芹沢銈介という名前は初めて聞いた。

昭和30~50年代に活躍した静岡生まれの

型染という染色の専門家で、人間国宝の方で

ある。すばらしい色づかいと絵模様の作品が

たくさん展示されていた。

我が家の座布団の図柄で見覚えのある作品もあった。

駅まで戻り、食事をし、帰宅したら9時半。

心地よいぶらぶら旅だった。

« ガンバレ!熱海 | トップページ | スタバで思ったこと »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めての静岡:

« ガンバレ!熱海 | トップページ | スタバで思ったこと »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト