« スタバで思ったこと | トップページ | 盛り上がった »

2006年5月 9日 (火)

いやー、とうとう

3月31日のブログ、『いらだつニュース』で、公認会計士の不正に対する憤りを書いた。

ポイントは、   

  ① 粉飾決算3社に監査証明を出した大手監査法人トーマツの公認会計士7人を

    金融庁が処分した。

   ② これらの会計士に対して、たった1~3ヶ月の業務停止処分はあまりにも     

         軽すぎる。

  ③ 社会的評価の高い資格(公認会計士・建築士・弁護士・医師等)を保有する者が  

   不正・不法行為を起こした場合、即刻資格を剥奪するとの厳しい規定を設ける   

    べきである。

このニュースを知ったとき、会計士個人の処分に終わるのでなく、所属する監査法人に

対しても、応分の処分があってしかるべきだと思った。

今日ついに、金融庁が動いた。

カネボウの粉飾決算事件にからみ、所属公認会計士が粉飾行為に加担した中央青山

監査法人に対し、業務停止命令を出す方向で最終調整に入った。

組織内に不正を防ぐ態勢が整っていなかったことを重く見て、厳しい処分を下すとのこと。

粉飾に直接関与した会計士3人については、会計士登録を抹消する。

中央青山監査法人は超大手の監査法人で、トヨタ・ソニー・新日鉄ほか5500の企業の

監査を受け持っているそうである。

ただ、今まさに企業は3月期決算の作成や株主総会の準備の真っ只中であり、顧客

企業にとってはとんでもないことである。

そのため、金融庁は7月以降に処分を行うとのこと。

監査法人が業務停止処分を受けると、企業決算を監査する法的な資格を失い、顧客

企業との契約がいったん途切れるそうである。

結果、中央青山にとっては大規模な顧客流失につながる可能性がある。

やっと、これで監査法人がかかえていた積年の膿が絞り出される。

しばらく前、大手建設会社が談合からの離別を宣言した。

長年の慣習・癒着・馴れ合いがあちこちで暴かれ、訴追され、真面目にこつこつやって

いる人たちが正当に報われる社会になることを切に願う。

« スタバで思ったこと | トップページ | 盛り上がった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやー、とうとう:

« スタバで思ったこと | トップページ | 盛り上がった »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト