« 倉敷にて | トップページ | またまた久しぶりに »

2006年4月23日 (日)

野毛大道芸

昨日夕方倉敷から横須賀に帰ってきた。

今朝、娘のブログを見たら、昨日家族で横浜野毛の大道芸に行ったと書いてあり、

開催が昨日と今日ということで、雨が気になったが、午後観に行った。

大道芸は大好きで何度か観たことがあるが、以前から行きたいと思っていた野毛は

今回が初めてである。

今年が31回目ということで、おそらく日本で一番歴史のある大道芸ではなかろうか。

そのため、きっとエントリーすることも難しく、出演者は選りすぐられた大道芸人ばかりの

はずである。

演目もバラエティに富んでいた。                   

大道芸の定番のジャグリングとパントマイムのほか、マジック、中国雑技、現代民謡、

コメディパフォーマンス・・・

  Noge1_1    Noge2

珍しいところでは、『みんなで楽しいヘボ将棋』と称し、Noge3_1

街頭将棋をやっていた。                 

街頭将棋を見たら昔を思い出した。

小学生のころ、よく街頭で詰将棋を見た。

簡単そうで引っ掛けのある詰将棋だからやってはダメだと

親から言われていた。勝ったら景品はタバコで、たしかピース

3箱だったとの記憶がある。

いくつか観たパフォーマンスの中で最も良かったのは   Noge4_1    

現代民謡のライブだった。

『津軽ジョンガラ節』 『ソーラン節』ほか、三味線、

ドラムに合わせた歌い手の声がスゴイよかった。

ただ、途中から心配した雨が降り出し、やってる人たちは

気の毒だった。

パンフレットに、『野毛大道芸は野毛だけが活動の場ではありません。あなたの街・会社・

学校・パーティなどにご希望の演目をお届けします』と書いてある。

たしかに、パーティなどでパフォーマンスをやってもらったら面白いだろうなあと思った。

犬の散歩に行っていた我が家の近くの公園で、ボーリングのピンのようなもので

ジャグリングの練習をしていた若いふたりの男の子によく会い、何度か話したことがある。

彼らは、『野毛大道芸に出ることが夢ですが、大道芸人だけでは食っていくのは

難しいです』と言っていた。

今日の野毛では、どの出演者もスキルのみならず話術も一流で、オヒネリにもかなり

千円札が入っていたが、小規模の大道芸会場ではそう甘くはないだろう。

ただ、自分をまさにアピールできる大道芸に憧れる若者は結構いるのでないかと思った。

« 倉敷にて | トップページ | またまた久しぶりに »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野毛大道芸:

« 倉敷にて | トップページ | またまた久しぶりに »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト