« 横浜伊勢佐木町周辺(その1) | トップページ | いやー、うれしい!! »

2006年4月28日 (金)

横浜伊勢佐木町周辺(その2)

横浜ニューテアトルに最初に行ったのは、4時。

5時からの切符は完売。7時の最終回の整理券をもらった。

みなとみらいから伊勢佐木町に戻り、まだ開演時間の7時までに時間があったので、

スターバックスに入ってお茶した。

横浜ニューテアトルは大きくない映画館で、一般館が上映しない映画を観せてくれる。

以前にも1度来たことがある。

伊勢佐木町を舞台の中心とした映画を伊勢佐木町で観ることには、何か因縁を感じた。

   Yokohama_006_3    Yokohama_005_1 

  ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~

ヨコハマメリー』のあらすじ (パンフレットから引用)

 歌舞伎役者のように顔を白く塗り、貴族のようなドレスに身を包んだ老婆が、ひっそりと

 横浜の街角に立っていた。本名も年齢すらも明かさず、戦後50年間、娼婦としての

 生き方を貫いたひとりの女。

 かつて絶世の美人娼婦として名を馳せた、その気品ある立ち振る舞いは、いつしか

 横浜の街の風景の一部ともなっていた。

 ”ハマのメリーさん”、人々は彼女をそう呼んだ。

 1995年冬、メリーさんが忽然と姿を消した。

 自分からは何も語ろうとしなかった彼女を置き去りにして、膨らんでいく噂話。

 いつの間にか、メリーさんは都市伝説のヒロインとなっていった。

 そんなメリーさんを温かく見守り続けていた人たちもいた。病に冒され、余命いくばくも

 ないシャンソン歌手・永登元次郎さんもその一人だった。消えてしまったメリーさんとの

 想い出を語るうちに、元次郎さんはあるひとつの思いを募らせていく。

 もう一度、メリーさんに会いたい。そして彼女の前で歌いたい・・・・・

 本作に出演するのは、メリーさんと関係のあった人たちや思いいれのある人たち、

 そして昔の横浜を知る人たちである。それらの人たちのインタビューや取材により、

 『メリーさん』とは何だったのか、彼女が愛し離れなかった『横浜』とは何だったのかを

 検証し、浮き彫りにしていったドキュメンタリーである。

 監督は本作がデビューとなる、弱冠30歳の中村高寛。

 メリーさんが街から消え、彼はその影を追うように、様々な人々へのインタビューを

 始めた。そしてメリーさんを通して見えてきたものは、市井の普遍的な人の営み、感情、

 人生の機微であった。

 撮影開始から5年の歳月をかけ、地元・横浜への親しみがこもった、清々しい感動に

 溢れる作品を作り上げた。

        ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~~   ~~~~~~~~~   ~~~~~~~~

上映が終わったところで、珍しく客席から拍手が起きた。

お客は若い人から年輩まで、当然かもしれないが、女性客の方がずっと多かった。

最後は、メリーさんが入っている老人ホームへ、ガンで余命のない元次郎さんが

訪ねていき、お年寄りが集まって、元次郎さんのシャンソンを聞く。

コンサートが終わったあと、元次郎さんがメリーさんをエスコートしながら、老人ホームの

廊下を歩くところで映画は終わる。

その後、メリーさん、元次郎さんがどうなったのかは、映画ではわからない。

帰り際買ったパンフレットをあとで読んだ。

映画が撮られた翌年2004年、元次郎さんは亡くなり、メリーさんは2005年1月、

84歳で逝去されたそうである。

記憶に残る映画になることだろう。

« 横浜伊勢佐木町周辺(その1) | トップページ | いやー、うれしい!! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜伊勢佐木町周辺(その2):

« 横浜伊勢佐木町周辺(その1) | トップページ | いやー、うれしい!! »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト