« 送別会 | トップページ | 美術展 »

2006年4月12日 (水)

離れた家族を見守る

月曜日から金曜日、朝8時前後に3~5分間、NHKが『街で見つけたトレンド情報』という

番組をやっている。

今朝のテーマは、『離れた家族を見守る』ために役立つビジネスの紹介だった。

ふたつの事例が紹介された。

ひとつは、たしか多摩市だったと思うが、お年寄り世帯へのお弁当の宅配サービス。

お弁当の宅配サービスはまったく珍しくないが、紹介されたケースは、お宅を訪ねた折に

お弁当は必ず手で渡し、お年寄りと会話をすることを励行している。

その際、お年寄りの様子を観察し、その様子を毎日記録し、家族に伝え、もし問題を

感じたら、無料で看護師を派遣するという、一連のプロセスをお弁当宅配サービス

ビジネスに織り込んでいる。

同様のサービスを行っている事業者はきっと他にもいることであろうが、たしかに独居の

お年寄りには必要なケアである。

ふたつ目、これは結構知っている人が多い商品・サービスである。

湯沸しポットメーカが販売している、『見守りポット』。

家族から離れたところに住むお年寄り(特に独居)の安否を、湯沸しポットで知るという

サービス。

お年寄りがポットの電源を入れたり、給湯したら、その情報が遠隔地に住む人(多くの

場合は子供)の携帯かパソコンに知らされるという商品・サービスである。

遠隔地に住む子供は老親が規則正しい生活をしているかどうか、また何か異常な状態が

起きていないかどうかを、1日に2回、メールで確認できる。

月に50件以上販売されていると言っていたが、もっと普及してもおかしくない

象印のサイトを見たら、経済産業省の『ネットKADEN2005』で準大賞を受賞したと

紹介されている。http://www.zojirushi.co.jp/corp/news/2006/0626/index.html

番組で『65歳以上のひとり暮らしのお年寄り世帯は、全国で360万世帯』と言っていた。

今後ますます増えてゆくことであろう。

もっともっと、いろいろ新しい工夫・仕組み・制度・商品・サービスが生まれてくることを

期待したい。

« 送別会 | トップページ | 美術展 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離れた家族を見守る:

« 送別会 | トップページ | 美術展 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト