« 久しぶりに昔の職場に | トップページ | 横浜伊勢佐木町周辺(その1) »

2006年4月27日 (木)

『立ち上がれ!中越』プロジェクト

2月25日のブログ、『小千谷からのうれしい贈り物』で、息子の大学時代の友だちで、

新潟の小千谷に住む田村敦之君からうれしい贈り物が届いたことを書いた。

ご存知のとおり、小千谷は一昨年10月の新潟地震で大打撃を受け、今冬はまた豪雪で

苦しめられた。

田村君からの連絡で、小千谷青年会議所が主催している、『立ち上がれ!中越』

プロジェクトのことをホームページで知った。

1年半以上が経過し、新潟地震のことは人の記憶から薄れてきているが、まだ8千人の

方々が仮設住宅で生活されているそうである。

ホームページ『立ち上がれ!中越』を見て、震災以来1年間、田村くんが50回のコラムを

すべてひとりで書いてきたことを知った。

読んでいて、どの文章もジーンと胸に迫ってくる。

『自己主張の苦手な私にまかされたコラム』と、田村くんは書いている。

たしかに田村くんは自己主張はあまり得意でなく、朴訥で照れ屋のところがある。

どの文章も、心優しい田村くんを彷彿させる情感あふれる文章ばかりである。

ホームページの『スタッフ紹介』の項で、久しぶりに懐かしい田村くんの写真を見た。

田村くんには、もう5年くらい会っていない。

今年もらった年賀状に、『今年は久しぶりにそちらに行こうかと思っています』と書いて

あった。夏には会えるかもしれない。

ホームページでシール募金の紹介があったので、   Niigata 

募金と義捐金を小千谷青年会議所へ送った。

『復興シール』は、①経済復興 ②復興意欲の向上

(風化防止) ③義捐金の3つを目的に、シール1枚につき

1円の募金になる。

シール募金はまだ受け付けている。

ご興味のある方は、是非一度ホームページをのぞいていただきたい。

« 久しぶりに昔の職場に | トップページ | 横浜伊勢佐木町周辺(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『立ち上がれ!中越』プロジェクト:

« 久しぶりに昔の職場に | トップページ | 横浜伊勢佐木町周辺(その1) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト