« 今年観た3つ目の映画 | トップページ | 市民農園 »

2006年2月14日 (火)

笑える話

しばらく前に、息子と娘の共通の友だちのブログ日記がおもしろいと書いた。

その続編である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「おかあさーん、家にあるのとおんなじ手袋があるよー」

書店で立ち読みしていると、隣の店から子供の大きな声が聞こえてきた。

母親の返事はない。

子供の声は一段と大きくなる。

「おかあさーん!家にあるのとおんなじ手袋があるよー!!」

やはり母親は応えない。

子供の声はさらに大きくなる。

「おかあさーん!!家にあるのとおんなじ手袋があるよー!!」

それでも母親は応えない。

だが、一人の女性が子供に近寄り、無言でその子を連れ去っていった。

無理もない。そこは100円ショップ。

「値の張らぬ 品を求めて 見栄を張る」 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

笑える(というか、身につまされる)新聞の投稿をひとつ。

 第2の職場を退職し、晴れて毎日が日曜日の身になった。

 先日、妻が洋梨を買ってきた。

 あまりのタイミングのよさに、「皮肉か」と言ったら、妻はキョトンとしていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ついでに、短いものをいくつか。

○夫は、続柄の欄に私のことを毒と書いた。 ←意識的かな

○「結婚何周年だっけ?」と訊いたところ、父は神妙な顔で「今年でちょうど27回忌だ」と

 答えた。 

○昔、都会暮らししていた頃、留守電に母からのメッセージが入っていた。

 「しばらく(声を)聞かないうちに、都会っぽくなったねぇ」…留守電の声は電話に

 初めから入っている声だったのに。  

○バイト先の中華料理店での話。

 新入社員の女の子が、北京ダックを丸ごとお客様の前で切り分けるために、

 料理長と一緒に運んでいった。

 彼女は、初めての大役であがっていたのか、料理長を紹介する際、こんがり焼けた

 北京ダックを指さして「こちらが料理長の○○でございます」と紹介していた。

○日本史のテストが返された。

 友人は「尼」と書くべきところに「尻」と記入していた。

 友達は「尻なんて書いちゃった、恥ずかしぃ!」と言いながら、赤ペンで「屁」と

 書き直した。

« 今年観た3つ目の映画 | トップページ | 市民農園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑える話:

« 今年観た3つ目の映画 | トップページ | 市民農園 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト