« 市民農園 | トップページ | サラリーマン川柳 »

2006年2月19日 (日)

浜 美枝さん

浜 美枝さんと言っても、今の若い人は知らないのではないだろうか。

ショーン・コネリー主演の『007は二度死ぬ』(1967年)で、ボンドガールに抜擢されるなど

数々の映画に出演した女優である。

浜さんは、40歳で女優活動を止め、『自然の中で子供を育てたい』との思いから、箱根に

合掌造りの家を建て、今は農業問題や食の安全をライフワークとされている。

だいぶ前に見た朝日新聞に、『浜 美枝さんに聞くセカンドライフの理想とは』という特集

記事が掲載されていた。

その中で浜さんは、『セカンドライフの一番の理想は、夫婦は向き合っているよりも、

横並びで、同じ方向を見つめて寄り添っていられる関係が一番いい。いつまでも目と目を

見つめ合っている夫婦なんて、あり得ないですからね』と言っている。

まさしくそのとおり。

浜 美枝さんには、7年くらい前に一度お会いしたことがある。

シニアとITの関わりをテーマにしたシンポジウムを箱根で開催したことがある。

基調講演はぜひ女性にお願いしたと考え、どなたに頼めばいいだろうかと思案し、

知り合いの女性に相談した。

『浜 美枝さんはどうだろうか。箱根に住んでいるし。彼女だったら私から頼める』という

ことで、早速声をかけてもらった。

浜さんは、一つ返事で了承してくださった。

シンポジウム当日、講演前に打ち合わせしたいとお願いし、会場の強羅ホテル(その後

たしか閉鎖された)の控え室に、いくぶん早く来ていただいた。

シンポジウムの趣旨や段取りを一通り説明したあと、予定までに30分足らず時間があり、

浜さんの近況や彼女の想いをいろいろ聞いた。聞いたお話の多くは今でも覚えている。

中学卒業と同時にバスの車掌として社会に出たこと、16歳で女優の道に入ったこと、

4人の子供さんを育てていること、慶応大学湘南藤沢で学んでいる自慢の息子さんのこと、

大学の先生であるご主人のお話、ライフワークの農業問題や食の安全を求め20年余りに

わたって農村を回ったこと等々、大変興味深いお話しをいろいろ聞いた。

当日はもちろんすばらしい講演をしてくださって、夜の懇親会にも駆けつけてくださった。

参加者と歓談している浜さんと、皆さんの楽しい笑顔が写った写真が多く残っている。

毎週日曜日の朝、浜さんがパーソナリティを担当している『浜 美枝のあなたと』という

ラジオ番組で、当日の様子、受けた印象をお話された。

シンポジウムの前にお話したとき、浜さんは私と同年齢であることを知った。

女優のイメージを感じさせない、確固たる信念を持ったすばらしい女性であるとの印象を

受け、以来、浜 美枝ファンになった。

« 市民農園 | トップページ | サラリーマン川柳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浜 美枝さん:

« 市民農園 | トップページ | サラリーマン川柳 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト