« 箱根大学駅伝 | トップページ | オオトラ退治 »

2006年1月 3日 (火)

箱根駅伝(復路)

昨日は小雨、5区の箱根は雪の中のレースで選手は大変だったが、今日は一転し好天。

箱根→小田原→平塚→戸塚→鶴見→大手町、テレビ中継に映るコースの中で、

「あっ、あそこだー」という場所があちこちある。

亜細亜大学が初優勝した。

亜細亜大の最後のランナー岡田は、終始まったく表情・走り方が変わることなく、最後は

うれしそうないい表情でゴールテープを切った。おめでとう!

2位になった山梨学院大学の最終ランナーも力があった。予選から勝ち上がっての

2位はスゴイ。

復路も8区でドラマがあった。

朝箱根の6区を1位で出発した順天堂大だったが、8区で3人に抜かれ4位に落ちた。

順天堂大の走者はキャプテンだった。

途中から足がスムースに運ばなくなりフラフラ、ゴール前は超スローペースになって

しまい、バタバタと抜かれた。

絶対にタスキをつないでゆかなければとの悲壮な姿、しかもキャプテン、辛かったこと

だろう。

順天堂大は8区の遅れを取り戻せず結局4位、5連覇を狙った駒澤大は10区で抜かれ

5位に終わった。

来年のシード権が取れる10位までと、11位以下とでは大変な差がある。

11位以下の学校は、来年は予選会から勝ち上がってゆかねばならない。

シード権争いも壮絶だった。

わずか10秒差で、11位の城西大はシード権が取れず。

神奈川県の学校ということで毎年応援している神奈川大学は、2年確保していた

シード権を失った。

2日間、12時間のドラマは終わった。

« 箱根大学駅伝 | トップページ | オオトラ退治 »

コメント

我家でも箱根駅伝は、父と母校の争いを毎年しております。是非一度は生で応援に駆けつけたいと思っていますが、いつもTVでの応援になっちゃいます。

順天堂のキャプテンは本当に辛かったと思います。私も中学の時は陸上部で駅伝に毎年参加してたんですよ!毎年目頭が熱くなりますね。

箱根駅伝をそれぞれの母校応援で、お父さんと盛り上がるっていいですねぇ。
へー、中学の時は陸上部で駅伝に毎年参加してたんですか。
スゴイ!長距離が走れる人は尊敬しちゃう。
そう、一度沿道でしっかり応援したい。
特に、箱根のきつい山登りで、ガンバル選手を。
3日の朝、復路を選手が通過する前、平塚、茅ヶ崎あたりの
沿道を通ったことはあります。
これでも雰囲気は十分出てました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝(復路):

« 箱根大学駅伝 | トップページ | オオトラ退治 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト