« ブログをはじめて4ヶ月 | トップページ | 大変うれしい話 »

2006年1月10日 (火)

2日続けてmixi

スミマセン、mixiつづきで。

マイミクシのひとり、ときーたん(息子と娘の共通の友だち)の日記は、とっても面白い。

読んで、ひとりで笑った。

そのうちのふたつを紹介する。

また、折をみて、ほかの面白いものも紹介したい。

----------------------------------------------------

自転車を一度もこがずに大学から帰宅できるか、
知人が挑み続けている。実に男らしい。

私の考える“男らしさ”とは、
“アホなことについ挑みたくなる男の習性”のこと。
例えば「トンネルを無呼吸で走り抜けたくなる」、
「小便器内の芳香剤を尿で転がしたくなる」等々。

ところで便器内の芳香剤には、便器周りを清潔に保つ
目的もあるそうだ。あれ目がけて放尿したくなる
男性心理を利用し、尿こぼれを防ぐのである。
芳香剤の他にはハエやサッカーゴールのシールもあり、
清掃費の節約に多大な効果をあげているとか。
(『R25』より)

個人的には安上がりなシールより芳香剤を多用してほしい。
トイレは男らしさを保つための場でもあるのだから。

----------------------------------------------------

行きつけのソバ屋が新装開店した。
平日の昼下がり、きれいになった店内に客は自分一人。
気持ちよくソバをすすっていると、突然灯りが消えた。
店員が慌てて調べるが、何しろ改装したてだから
勝手がわからない。
しまいに電器屋へ電話しようとするが、
電気が通ってないのだから、かけられるはずもない。

彼らのボケぶりを楽しみながら、悠然と食べ続ける私。
「お客さん、ホントすみません」
「いえいえ、ソバの味が変わるわけじゃありませんから」
我ながら格好いいことを言うと感心しつつ、
汁をグイッと飲み干した。
「ごちそうさま。早く原因がわかるといいッスね」
そう言って席を立ち、出口へと向かう。

しばらくして、動かぬ自動ドアの前にじっと立つ男が一人。
「お客さん、ホントすみません」
背後から、笑いをかみ殺す店員の声が聞こえた。

« ブログをはじめて4ヶ月 | トップページ | 大変うれしい話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2日続けてmixi:

« ブログをはじめて4ヶ月 | トップページ | 大変うれしい話 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト