« 娘宅にて | トップページ | 2006年のはじまり »

2005年12月31日 (土)

いよいよ大晦日

定年2年目の2005年も今日で終わり。

気ままに過ごしたものの、充実した1年であった。

先ず、私とカミサン両方の家族全員が、元気で大過なく過ごせたことに感謝。

私の家族は85歳の母親、3兄弟妹の夫婦と子供たち6人、それに孫2人の総勢15人、

カミサンの方は、兄弟姉妹7人の夫婦と子供たち夫婦、それに孫を入れて、あらためて

数えてみると、59名

両家の家族全員が、元気で1年間過ごせたことは、何にもましてうれしいことである。

今年を振り返って、印象に残った我が家のニュースを取り上げてみたい。

結婚後初めて、夫婦で1週間を超える旅行をした。

10月末、知床を中心に道東を回った。

北海道は、秋の行楽シーズンが終わり、間もなく冬支度という時期の旅であった。

娘夫婦も同じ日に出発し、彼らは道央中心に回り、23日に帯広で合流。孫娘の1歳の

誕生日をみんなで帯広で祝った。今年最も記憶に残るできごとである。

すくすく育ってゆく孫娘は、我々夫婦にとっても、何物にも代えられない至宝である。

現役時代の仕事に関連した話では、7月に愛知万博会場の市民パビリオンを借りて

開催した「シニアITアドバイザ(SITA:サイタ)西日本交流会」が、最も記憶に残るできごと

である。(SITAについては、9月14日のブログ参照)

仕事とは言えないが、去年からはじめたフランチャイズ制のパソコン教室事業、

キュリオ・ステーションの関連でも、色々楽しいことがあった1年だった。

(キュリオステーションについては、9月23日のブログ参照)

最も悲しかったできごとは、16年間家族の一員として、我々を癒し楽しませてくれた

愛犬チェリーが、9月に亡くなったことである。

ガンを患い、5月から4ヶ月間苦しみ、痛ましい最期であった。

9月にブログをはじめたことも、今年の足跡となるできごとである。

今やブログつくりは毎日の楽しみのひとつになってきている。

初めて横須賀市の市民農園を借りて野菜作りをしたのも、今年だった。

あまり熱心にやらなかったため、収穫はイマイチだった。

そのほか、健康管理にも結構気配りをした。

11月には、初めて”教育入院”し、生活習慣病の検査を一通りやってもらった。

定期健診を通じて、いろいろ相談できる主治医ができたのは、今年の大きな収穫だった。

楽しみと体力維持で続けているテニスは、数えてみると今年1年間で80回やっていた。

最後に、今年のベストショットを3枚。

atami_026 hokkaido_084 20040425_rimg0174

     孫娘1歳        津別峠より見る屈斜路湖      愛犬チェリー

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

« 娘宅にて | トップページ | 2006年のはじまり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ大晦日:

« 娘宅にて | トップページ | 2006年のはじまり »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト