« ポスティング | トップページ | 近所散策 »

2005年11月 3日 (木)

すごいシニア!

それは、我が家の一軒となりのSさんのこと。

Sさんは地元の会社の社長(会長?)で、奥さんもご主人の会社に勤めていて、夫唱婦随

のとても仲の良いご夫婦。ご主人は、誰もが好きになるようなすばらしい人。

戸塚カントリー倶楽部の会員で、倶楽部のそうそうたるメンバーの人たちとの楽しい

交流の話をよく聞いた。

仕事も生活もプライベートも、大変順調なSさんが一念発起、大学に入学された。

ハワイ大学でアメリカの歴史の勉強をはじめられた。

「誰でも人生は一度だけとは知っているものの、その日没が来る前に何をやったら

よいかを考えることはなかなか難しい。私は色々考え、難しい環境の中でもう一度

勉強してみようと思い、試験を受け、ハワイ大学で勉強することを決めた」と、ハワイに

行かれる前、嬉々として話されていた。

先日いただいたメールには、

「いよいよ3rd sessionが終わり、Fall sessionⅡが近々始まります。必修でculutural Issues,

Business communication,Writing for an Audience, Presentation for businessを、前回

取りました」

「若い人たちの中で一緒に勉強するのは、当初は大変でしたが、色々の国の若者が

年長者を大事にしてくれ、そのお陰と、自分で通算30年ほどやってきた仕事の経験が

どうにか途中から役に立ち始め、遅れながらも付いてゆくことが出来ました」

「宿題もかなり出るのですが、自分のやってきた実務が意外と役に立ち、論文なども

過去の実例をあたかも架空の様に描写し、どうにか全ての提出物も遅れることもなく

期日までに完了することが出来、そしてその結果は意外と気持ちをすっきりとさせて

くれるものだと、感心しました」

「この年で期末パーテイで若者と一緒に飲みました。話してみますと彼らの親父さんよりも

私が年上でしたが、噛み締める喜びは若者と同じようでした。 

現在のところ、全体で2年ほど此処でやってみようと考えています」

Sさんは、こちらにいれば何不自由ない毎日のはず。

それを敢えて捨てて、困難な道へチャレンジ、しかも2年間、心から敬服する。

Sさんは私より数歳年上のはず。

いただいたメールを読んで、退職してから安易に流れている自分にいくぶん自省した。

「2007年を機にどんどん出てくる定年退職者のためにも、経験されたことを本にしては

どうですか。間違いなく多くのシニアの励みになりますよ」と、出発される前Sさんに話した。

« ポスティング | トップページ | 近所散策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すごいシニア!:

« ポスティング | トップページ | 近所散策 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト