« とうとう。。。 | トップページ | 愛犬チェリーを送る »

2005年10月 1日 (土)

お見舞い

午後、気になっていた知り合いのお見舞いに行った。

ガンマ-GTPの値が異常に高くなり、肝臓に問題があり検査入院したと聞いていた。

ところが今朝検査の結果がわかり、膵臓ガンの疑いのあることが判明したとのこと。

血管が集中している場所に腫瘍ができたそうで、手術が難しいとのこと。

膵臓ガンは、一般的に発見が難しく、治療も難しいガンであると聞いている。

『最近は、患者がセカンドオピニオンを求めることを医者は拒まない傾向にあるので、

難しい治療が必要なのであれば、膵臓ガンの経験豊富な医者のいる病院を探すことも

合わせて考えてはどうなのでしょうか』 

『先日観たテレビで福島孝徳という脳外科医の世界的権威が「病気は患者が動かないと

ダメだ。全国探せば名医は必ずいる」と言っていました』 と、話した。

私より2歳上、まだまだ若い。

1日も早い快癒を心より祈念します。

« とうとう。。。 | トップページ | 愛犬チェリーを送る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お見舞い:

« とうとう。。。 | トップページ | 愛犬チェリーを送る »